你知道日本年輕人不再熱衷聯誼的真實原因嗎?

  出會いの場として、古くからあるのが合コン。しかし昨今では、男女の草食化や、より効率的な出會いが可能なマッチングアプリの利用も増えており、「若者の合コン離れ」が進んでいるようだ。

  聯誼作為提供邂逅的場合,由來已久。然而如今,隨著男男女女的草食性變強,以及效率更高的配對App出現,年輕人正漸漸遠離聯誼這一傳統活動。

  SMBCコンシューマーファイナンスが、昨年12月に発表した「20代の金銭感覚についての意識調査2018」によれば、20代の約半數にあたる47.1%が「合コン離れ」を自覚していると回答。関心がなく、必要だと感じないものとして、「固定電話」「ゴルフ」に次ぐ3位にランクインした。果たして、本當に合コン離れは進行しているのだろうか。合コン好き、苦手と感じる若者たちの、それぞれの意見を聞いた。

  根據SMBC消費信貸公司在去年12月發布的「2018年20代金錢觀意識調查」數據顯示,近半數的20代,即47.1%的年輕人表示已經意識到自己「不再參與聯誼」。聯誼排在固定電話、高爾夫之後,是年輕人不感興趣,覺得沒必要的事物第三名。那麼,年輕人們是否真的不去聯誼了?我們採訪了喜歡聯誼和不擅長聯誼的年輕人,聽取了他們的意見。

你知道日本年輕人不再熱衷聯誼的真實原因嗎? 那裡可以聯誼 第1張

  20代男性「合コンは「経験」を買う場」

  20代男性「聯誼是花錢買‘經驗’」

  広告業界で働く男性・Aさん(28歳)は自他共に認める合コン好き。仕事に少し餘裕の出てきた社會人2年目以降、周2、3回ほどのペースで合コンに參加し続けている。相手は外資系コンサルタントや大手企業の広報、キャリアアテンダントなど職種が多い。そんなAさんが合コンに求めるものは、「経験」だと語る。

  在廣告界工作的A先生(28歲)是公認的聯誼愛好者。在成為社會人,工作外有些空閒的第二年開始,基本每周都會參加2、3次的聯誼活動。對方大多是外資企業顧問、大型企業的品牌宣傳、商務經營等職位的人。A先生表示,他在聯誼中追求的是「經驗」。

  「以前は出會いを求めていましたが、最近では経験をおカネで買う場という感覚です。普段出會えない職業の人と、一度に複數人出會うことが出來る。合コンを通じた出會いをきっかけに仕事につながったこともあります。いつか飽きる時が來ると思いますが、メリットがある以上は參加し続けます」(Aさん)

  「以前參加聯誼是想要尋找邂逅的,但最近覺得聯誼就是用錢買經驗。能一次遇到多位平時接觸不到的職業的人。聯誼遇到的人也能在工作層面有所發展合作。雖然覺得總有一天會厭倦聯誼,但只要覺還有好處,就會繼續參加下去。」(A先生)

  20代女性「「數合わせ」要員と気づきたくない」

  20代女性「不想成為湊數的一員」

  メーカーで広報を行う女性・Bさん(26歳)は、過去の合コンへのトラウマもあり「本音では參加したくない」と明かす。それはあまり親しくない友人に誘われた合コンがきっかけだったそうだ。

  在生產行業從事宣傳工作的B女士(26歲),以前在聯誼上有過心理陰影,所以表明了「自己其實並不想參加」,據說那是因為被不太熟悉的朋友邀請參加聯誼而造成的。

  「仲のよい女友達があまりいないこともあり、元々合コンへの參加回數は多くないです。たまに誘われる時は、いかにも別の參加者が直前でキャンセルしたとわかる數合わせ要員として。直前に誘われ、かつ女性側にも親しい人がいないと、積極的に輪の中に入ることも出來ず、ただつまらない時間を過ごす羽目に……。そんな自分がイヤになるし、最近は誘いを斷ることが増えました」(Bさん)

  「我沒有關係好的女性朋友,原本也不怎麼參加聯誼。偶爾被邀請,也是因為其他參加者臨時放鴿子,讓我去湊數而已。這種情況下,一起參加的同性里也沒有關係比較好的人,無法融入他們的圈子,不過是苦等結束罷了……我不喜歡這樣的自己,所以最近拒絕邀請的次數越來越多了。」(B小姐)

  30代男性「合コンは「コスパが悪い」」

  30代男性「聯誼的性價比太差了」

  IT企業に勤める31歳の男性・Cさんも過去に參加した合コンにトラウマのある一人。男性だけ頑張らないといけない風潮が嫌だと言う。

  在IT公司上班的31歲的C先生,也在過去參加聯誼時留下心理陰影。他表示,討厭那種只有男方必須努力的風氣。

  「予約の取りづらい有名店で個室を確保するという萬全の準備をしたにも関わらず、女性側の參加者がいかにもやる気なし。男性側が仕切るのが當たり前と感じている女性を相手に、次の料理の註文や、空いているグラスがないか常に気を配らないといけない。あと支払いの際に、男性7000円、女性3000円などの傾斜をつけないといけない理由も理解できない。過去には楽しい合コンもありましたが、その確率を考えると、気の合う仲間で會って、ゲームしている方がよほどコスパが良いというスタンスに至りました」(Cさん)

  「即使預約到難以預定的名店包間,準備妥當,但女方卻沒什麼勁頭。女方覺得由男方主導一切是理所當然的,要搞定點菜,要注意有沒有空著的杯子,實在是心很累。而結帳的時候,男女還得七三開(男生7000日元,女生3000日元),不懂這是為什麼。之前雖然也有過蠻開心的聯誼會,不過這種比例很低,還不如和關係好的小夥伴一起打遊戲更開心,性價比更高。」(C先生)

  20代女性「別の言い訳が欲しい」

  20代女性「想要個其他的借口」

  同じくIT企業に勤める女性・Dさん(29歳)は、「がつがつと出會いを求め、その場で品定めし合っているイメージが嫌」だと話す。

  同樣在IT公司工作的D女士(29歲)表示,「為了尋找邂逅,吃相難看,還要當場對別人評頭論足估量價值也很討厭」。

  「行ってから當たりだのハズレだのが判明するのも時間の無駄だと思うし、終わってから後悔するのも不毛。なので、「合コン」という冠ではなく、趣味のグルメが楽しめる時など、出會いとまた別の參加理由がある場合だけ參加します。例えば、ピザが人気のお店に行く「ピザ會」などとしてくれれば行きやすいし、最悪良い出會いがなくても、美味しいピザを食べられたという経験は得られます」

  「聯誼必須到了現場才知道值得與否,真的浪費時間,結束了再後悔也毫無用處。既然如此,不如不用聯誼的名頭,比如美食分享會,去參加那些不打著尋求邂逅名頭的活動。例如,去人氣的比薩店開個比薩餐會,大家比較容易接受,而且就算沒找到什麼好的對象,吃到了美味的比薩,也算不虛此行。」

小秘書
About 小秘書 21180 Articles
不用擔心找不到好對象,戀愛小秘書 - 娜米 會根據您的喜好和條件,幫您安排與理想對象一對一排約、聯誼、交友友活動,現在就加入娜米的LINE_ID:erostp